国立能楽堂

トピックス


【千駄ヶ谷だより】能楽の魅力を見つけに Discover NOH & KYOGEN(10月31日(土))

 


 国立能楽堂では10月31日(土)に、今回で6回目となる「外国人のための能楽鑑賞教室 Discover NOH & KYOGEN」を開催します。
 当公演は日本人の皆様にもお楽しみいただけます。日本が世界に誇るユネスコ無形文化遺産である、能楽の魅力を見つけに、ぜひ国立能楽堂へ足をお運びください。

 まず、シテ方観世流能楽師の伶以野陽子氏が、能楽(能と狂言)について、英語で解説します。続いて、狂言「柿山伏」と能「紅葉狩」をご覧いただきます。
 能と狂言はもちろん、解説の間も、座席の字幕表示機に、日本語・英語・中国語・韓国語・スペイン語・フランス語の6か国語を表示して、あなたの能楽デビューをサポートします。

 

The National Noh Theatre hosts “Discover NOH & KYOGEN” on October 31st, 2020. This programs started in 2016, designed for international beginners.

This performance “Discover NOH & KYOGEN” consists of two parts to guide you to the world of Noh and Kyogen. Firstly, Yoko Layer Kanze school actress will present a pre-performance lecture on Noh and Kyogen, their history and unique stylization in English. Then enjoy Kyogen ”Kaki Yamabushi” (The Persimmon Thief) and Noh ”Momijigari” (Autumn Foliage Viewing). All seats have subtitle monitors in Japanese, English, Chinese, Korean, Spanish, and French. These subtitles help you to understand the program.

 


◆公演の詳細
   外国人のための能楽鑑賞教室(日本語)
   Discover NOH & KYOGEN(English)

◆国立能楽堂では、引き続き新型コロナウイルス感染症拡大予防の取り組みを講じたうえで、
  皆様のご来場をお待ちしております。

   (ご来場のお客様へのお願い)
   To prevent the spread of the novel coronavirus.