国立能楽堂

トピックス

日本芸術文化振興会と津田塾大学が相互協力に関する協定を締結

日本芸術文化振興会(河村潤子理事長)と津田塾大学(髙橋裕子学長)は7月10日、相互連携に関する協定を締結した。

協定は2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした相互発展、伝統文化・芸能の保存振興、教育・学術発展、まちづくり等のために連携するもの。協定締結式には双方の関係者、津田塾大学の学生、千駄ヶ谷町内会の関係者らが参加した。

この日、国立能楽堂研修能舞台で行われた協定締結式において、河村理事長は「教育・学術を担う津田塾大学と、伝統文化・芸能を担う当振興会との連携の輪が、千駄ヶ谷から小平キャンパスや国立劇場各館にまで拡がり、双方の協力が海外からのお客様へのおもてなしを通し、ご当地のまちづくりに貢献することを願っております。」と述べた。また、津田塾大学の髙橋学長は「津田塾大学は1900年の創立当初より国際性を重視し、次世代が世界に開かれた視野を培うことに尽力してきました。津田塾大学「梅五輪プロジェクト」の学生たちが、2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会に貢献すべく様々な活動を展開してる中、国立能楽堂に学生の活動の場をご提供して下さっていることに感謝をしております。双方の連携の絆が日本の伝統文化・芸能の国際的な発信に一層資するものとなり、その輪が千駄ヶ谷の地からますます広がっていくように願っております。」と述べた。

理事長と学長は挨拶の後、協定書への署名を行い、固い握手を交わした。

また、今回の締結を記念して国立能楽堂の研修修了者らが素囃子の演奏を披露し、参加者は日本の伝統芸能を興味深く楽しんでいた。

協定を締結し握手を交わす河村理事長(左)と髙橋学長(右) 
国立能楽堂の研修修了者らによる素囃子の演奏