国立劇場

トピックス

国立劇場 雅楽VR動画(360度視聴)を収録しました


  近年、映像技術が飛躍的に進歩し、さまざまな動画が広く一般に普及するようになりました。この度、国立劇場では、KDDI・KDDI 総合研究所と協力してVR(バーチャルリアリティ)で新しい音楽体験を視聴できるような取り組みを実施しました。音のVR KDDI

  KDDI・KDDI 総合研究所が開発した「音のVR」は、360度動画の見たい聴きたい部分に自由自在にフォーカスできる、インタラクティブな視聴技術です。タッチ画面でズーム・スワイプすることで、特定の演奏者・楽器の演奏する姿や音を強調することもできます。

  今回は世界最古の管弦楽とも言われる「雅楽」と、一般に広く親しまれている「オーケストラ」の合奏を通じて、東西のアンサンブルの魅力をお楽しみいただきます。雅楽は伶楽舎(れいがくしゃ)、オーケストラは新日本フィルハーモニー交響楽団の協力を得て、「東西交響」の素晴らしい演奏をお楽しみいただきます。



(雅楽・オーケストラの演奏風景)


こちらは演奏風景の写真です。右側に雅楽の演奏者、左側にオーケストラの演奏者が座り、全員が舞台中央に設置されているカメラ・マイクの方向を向いて演奏しています。



(カメラ・マイク)


今回使用したのは、基本的にこれ1台。地球儀のような丸い球に複数のカメラ・マイクが内蔵され、360度全方位の映像・音声を収録することができます。視聴者はまるでこのカメラ・マイクの位置に立っているかのように、好きな方向の映像や音声を楽しむことが可能となります。



(オーケストラの演奏風景)

このようにカメラを中心に円陣を組んで演奏します。


(雅楽の演奏風景)

楽器の並びも通常の管絃の演奏スタイルとは異なり、車座になり演奏する様子はまるで平安貴族の「あそび」の様子を彷彿とさせます。

国立劇場では、今後こちらで収録した雅楽の演奏を「国立オンライン劇場」で配信します。

◆◆◆


国立オンライン劇場 配信内容予定
【配信内容・料金】
①管絃《越天楽(えてんらく)》 ・出演:伶楽舎 ・販売価格:500円(税込)
②管絃《陪臚(ばいろ)》・出演:伶楽舎 ・販売価格:500円(税込)
③舞楽《胡飲酒(こんじゅ)》・出演:伶楽舎 ・販売価格:800円(税込)

【配信期間】
①~③共通
・視聴券販売期間: 12月16日(水)10:00 ~ 1月26日(火)22:00
 ※視聴可能期間内であれば何度でもご視聴いただけます。
 ※視聴券の購入日時に応じて視聴可能期間が異なりますので、ご購入の際ご注意ください。

【配信サービス】(株)イープラス Streaming+
◆◆◆





詳細が決まりましたら後日改めてお知らせいたします。どうぞお楽しみに!


協力:新日本フィルハーモニー交響楽団