国立劇場

トピックス

【1月民俗芸能公演】相撲の神楽?『出雲の神楽』


 民俗芸能公演『出雲の神楽』が、1月25日(土)小劇場で上演されます。
午後5時開演の部では、相撲の始まりを題材にした「野見宿禰(のみのすくね)」が上演されます。

◆◆◆


 「野見宿禰」では、出雲の住人で天穂日命(あめのほひのみこと)の子孫である野見宿禰が、天皇の招きによって大和の国で当麻蹶速(たいまのけはや)という強者と力比べをするように命じられます。そこで、お互い武器を持たずに素手で組み合い、ついに野見宿禰が勝利するというものです。
 この神楽は大土地神楽(おおどちかぐら)にのみ伝わるもので、たいへん貴重な上演です 。
 


「野見宿禰」
 

 また同時に上演される「茣蓙舞(ござまい)」は、打掛を着た巫女としての幼女が、おかめの面を着けた道化方と神様の座られる御座を清めるために舞います。おかめは巫女を先導させつつ共に舞うという他所では見られない独特の神楽です。微笑ましい舞をお楽しみください。


「茣蓙舞」

※当日はロビーでの物産展もございます。ぜひお立ち寄りください。

「出雲の神楽」チケット好評販売中!

国立劇場チケットセンターはこちら

公演情報の詳細はこちら