国立文楽劇場

トピックス

【社会人のための文楽入門/Discover BUNRAKU】ナビゲーター・八木早希メッセージ

6月7日(金)に初日の幕を開けた6月文楽鑑賞教室の期間中、10日(月)と18日(火)は午後6時30分開演の「社会人のための文楽入門」、15日(土)には外国人のお客様にもお楽しみいただける「Discover BUNRAKU」を開催いたします。上記の3公演で、ナビゲーターをつとめるフリーアナウンサーの八木早希よりメッセージが届きました。

【社会人のための文楽入門/Discover BUNRAKU】八木早希メッセージ

〇私にとっての文楽の魅力―――

私は魂を吹き込まれた人形の美しさに惹かれます。
本当にそこに存在するかのような、単なる人形を超えた人形の存在感は、人形遣い、太夫、三味線弾き、舞台スタッフなどさまざまな人の手や思いによって作りあげられているものと想像するだけで、300年以上にわたって培われてきた伝統芸能の奥ゆかしさに感動しました。
そのような素晴らしい世界が、大阪の中心のこんなに身近なところにあるなんて、それは生で堪能しないではいられないですよね。

〇お客様へのメッセージ―――
文楽には敷居の高いイメージがあるかも知れませんが、実際に来てみると大阪弁でストーリーが進んで行き、大阪らしい笑いも盛り込まれた気軽に楽しめる身近な伝統芸能です。この公演をきっかけに文楽に触れてみられてはいかがでしょうか。

「社会人のための文楽入門」「Discover BUNRAKU」とも、チケット好評販売中です!!
(チケットのご購入はこちら