国立文楽劇場

トピックス

【4月文楽公演】好評上演中!

春の陽気のなか、4月6日(土)に初日の幕を開けた国立文楽劇場開場三十五周年記念4月文楽公演は、連日大勢のお客様で賑わっています。
 

第一部(午前11時開演)では、三大名作のひとつ『仮名手本忠臣蔵』の大序から四段目までを、第二部(午後4時開演)では雪姫が起こす奇跡の物語『祇園祭礼信仰記』と、妹を想う愛情に溢れる猿廻しに注目の『近頃河原の達引』上演中です。
まだご覧になっていないお客様もすでにご覧になったお客様も2度、3度と劇場にお運びください。
開場35周年を迎えた国立文楽劇場は皆様のご来場をお待ちしております。

演目の紹介ページもございます。


通し狂言『仮名手本忠臣蔵』特集ページはこちら


『祇園祭礼信仰記』紹介ページはこちら

文楽かんげき日誌も随時更新中です!

4月文楽公演29日(月・祝)まで。