国立文楽劇場

トピックス

【4月文楽公演】初日を迎えました!特別企画展示「文楽の世界」も開催!


春の暖かい日差しの中、本日4月6日(土)、4月文楽公演が初日を迎えました。

 
開場35周年を迎えた国立文楽劇場。
第1部は、人形浄瑠璃三大名作のひとつ、通し狂言『仮名手本忠臣蔵(大序より四段目まで)を上演します。第2部は、雪姫が起こす奇跡の物語『祇園祭礼信仰記』、兄の妹を想う愛情に溢れる猿廻しに注目の『近頃河原の達引をお楽しみいただきます。

また、1階資料展示室では5月26日(日)まで、国立文楽劇場開場35周年記念特別企画展示「文楽の世界」を開催中です。
舞台上での太夫・三味線弾き・人形遣いの様子を再現するなど、文楽の世界をよりお楽しみいただける内容となっております。
ご観劇とあわせ、ぜひお立ち寄りください。

4月文楽公演は4月29日(月・祝)まで! (※4月18日(木)は休演です。)
皆様のお越しを心よりお待ちしております。