国立能楽堂

9月定例公演 合柿・絃上

  • 主催公演

※内容・日程に一部変更の場合もございます。
 予めご了承下さい。

公演期間

2021年9月17日(金)

開演時間

新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力をお願いします。
詳細はこちら。

午後5時30分開演
※開演時間を午後6時30分から午後5時30分に変更いたします。

※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

ジャンル

  • 能・狂言

演目・主な出演者

狂言 合柿 (あわせがき)  石田 幸雄(和泉流)

能  絃上 (けんじょう) クツロギ舞返(まいがえし)  朝倉 俊樹(宝生流)


 *字幕あり(日本語・英語)
(2021/01/06)

前売開始日

電話・インターネット予約=8月8日(日・祝)午前10時より
窓口販売=8月9日(月・休)より

 ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

等級別料金

正 面 =5,000円
脇正面=3,300円(学生2,300円)
中正面=3,000円(学生2,100円)
座席図はこちら
【重要】国立能楽堂の9月主催公演の最前列席等販売方法について(2021.8.1)

お問い合わせ
(チケット購入等)

国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
 0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

インターネット購入
https://ticket.ntj.jac.go.jp/

タイムテーブル

タイムテーブルのご案内(189.54KB)

合柿

柿売りの売る柿は甘いか渋いか。柿を食べてみせよと言われた柿売りは、渋柿を食べて甘いとごまかそうとします。

絃上

琵琶の名手・藤原師長の前で、見事な演奏を披露した老人と姥は村上天皇と梨壺女御の霊でした。村上天皇が龍神に命じて名器・獅子丸を取り寄せる場面など、見どころの多い作品です。
本日の公演予定一覧へ国立能楽堂劇場トップへ