国立能楽堂

12月企画公演 貧乏業平・千早振る・業平餅

  • 主催公演

※内容・日程に一部変更の場合もございます。
 予めご了承下さい。

公演期間

2021年12月23日(木)

開演時間

新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力をお願いします。
詳細はこちら。


午後1時開演
※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

ジャンル

  • 能・狂言

演目・主な出演者

◎狂言と落語・講談


講談  貧乏業平(びんぼうなりひら)  旭堂南左衛門


落語  千早振る(ちはやふる)   三遊亭小遊三


狂言  業平餅(なりひらもち)   山本泰太郎(大蔵流)


 *字幕あり(日本語・英語)
(2021/05/31)

前売開始日

電話・インターネット予約=11月8日(月)午前10時より
窓口販売=11月9日(火)より

 ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

等級別料金

正 面 =5,200円
脇正面=4,200円(学生2,900円)
中正面=3,400円(学生2,400円)
座席図はこちら

お問い合わせ
(チケット購入等)

国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
 0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

インターネット購入
https://ticket.ntj.jac.go.jp/

貧乏業平

豪商・紀伊國屋文左衛門が、美男ながらも貧乏なため「貧乏業平」とあだ名されていた若き日の頃の物語です。

千早振る

在原業平の歌の意味がわからない男は、物知りの隠居に歌の意味を尋ねますが…。

業平餅

色好みの貴公子・在原業平が大勢の家来を連れ餅屋に立ち寄りますが、お金を持っておらず支払うことができません。空腹に窮した業平は…。
本日の公演予定一覧へ国立能楽堂劇場トップへ