国立能楽堂

※公演中止※ 5月狂言企画公演 梟・蝉・鮎

  • 主催公演

※内容・日程に一部変更の場合もございます。
 予めご了承下さい。

公演期間

2020年5月22日(金)

開演時間

午後2時開演・午後7時開演(終演予定午後4時頃・午後9時頃)
※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

ジャンル

  • 能・狂言

演目・主な出演者

※公演中止※

《月間特集 日本人と自然 草木成仏》

狂言 (ふくろう) 善竹 忠亮(大蔵流)


狂言 (せみ) 野村又三郎(和泉流)


新作狂言  (あゆ) 野村 萬斎


 *字幕あり(日本語・英語)
(2020/01/04)

前売開始日

電話・インターネット予約=4月9日(木)午前10時より
窓口販売=4月10日(金)より

 ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

等級別料金

正 面 =6,400円
脇正面=4,900円(学生3,400円)
中正面=3,300円(学生2,300円)
座席図はこちら

お問い合わせ
(チケット購入等)

国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
 0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

インターネット購入
https://ticket.ntj.jac.go.jp/

弟の様子がおかしいと兄は山伏に祈祷を頼みます。どうやら梟が取り憑いたようだと山伏が祈り続けていると…。

『源氏物語』空蝉の歌の短冊が掛けられた松の木で休む僧の前に蝉の霊が現れ…。能仕立てで演じられる狂言です。

鮎を釣って暮らす才助の前に小吉という若者が逃げ込んできます。小吉は才助の制止を聞かず都へ出て、みるみる出世。数十年後、才助はある頼みごとを胸に小吉を訪ねます…。
本日の公演予定一覧へ国立能楽堂劇場トップへ