国立能楽堂

10月企画公演 謡講・鉄輪

  • 主催公演

※内容・日程に一部変更の場合もございます。
 予めご了承下さい。

公演期間

2020年10月22日(木)

開演時間

新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力をお願いします。
詳細はこちら。


午後6時30分(終演予定午後8時45分頃)
※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

ジャンル

  • 能・狂言

演目・主な出演者

◎蝋燭の灯りによる

おはなし  庶民のたのしみ―謡講―  井上 裕久 (シテ方観世流)

謡講形式の
素謡  敦盛 (あつもり) キリ

替謡 (「敦盛」より) 蛸盛 (たこもり)
素謡 ―目と耳で楽しむ― 老松 (おいまつ) クセ 
素謡  鍾馗 (しょうき)   井上 裕久  吉浪 壽晃  浦部 幸裕

※上記、一部演目の小書に変更がございます。

能  鉄輪(かなわ)  武田 孝史(宝生流)

*字幕表示はございません
*上演中の入退場はご遠慮願います

(2020/08/17)

前売開始日

電話・インターネット予約=9月16日(水)午前10時より
窓口販売=9月17日(木)より

 ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

等級別料金

正 面 =6,400円
脇正面=4,900円(学生3,400円)
中正面=3,300円(学生2,300円)

※座席の前後左右の間隔を空けるため、販売席数を総席数の50%以内に制限させていただきます。
座席図はこちら


お問い合わせ
(チケット購入等)

国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
 0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

インターネット購入
https://ticket.ntj.jac.go.jp/

タイムテーブル

タイムテーブルのご案内(253.17KB)

謡講

江戸時代に京の町衆が楽しんだ「謡講」。屏風の向こうから聞こえる謡の声に聴覚が研ぎ澄まされます。京観世と呼ばれる節回しも特徴的です。

鉄輪

新しく妻を迎えた夫への恨みを晴らすべく、女は貴船神社へ丑の刻参りを重ねます。鬼となった女と陰陽師・安倍晴明の対決も見所です。
本日の公演予定一覧へ国立能楽堂劇場トップへ