国立能楽堂

2月定例公演 蟹山伏・井筒

  • 主催公演

※内容・日程に一部変更の場合もございます。
 予めご了承下さい。

公演期間

2020年2月13日(木)

開演時間

午後6時30分開演(終演予定午後9時15分頃)
※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

ジャンル

  • 能・狂言

演目・主な出演者

《月間特集 近代絵画と能》

狂言 蟹山伏 (かにやまぶし) 大藏 基誠(大蔵流)

能  井筒 (いづつ) 豊嶋 彌左衞門(金剛流)


 *字幕あり(日本語・英語)
(2019/08/19)

前売開始日

電話・インターネット予約=1月9日(木)午前10時より
窓口販売=1月10日(金)より

 ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

等級別料金

正 面 =5,000円
脇正面=3,300円(学生2,300円)
中正面=2,800円(学生2,000円)
座席図はこちら

お問い合わせ
(チケット購入等)

国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
 0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

インターネット購入
https://ticket.ntj.jac.go.jp/

タイムテーブル

タイムテーブルのご案内(212.68KB)

蟹山伏

山伏一行の前に奇妙な動きをしながら謎をかけてくる異形の者が現れます。果たしてその正体は…。

井筒

今は亡き愛する在原業平の面影を追い、女は井戸に映る男装の我が身と業平を重ね合わせます。『伊勢物語』を題材に永遠の恋を描く世阿弥の代表作です。
本日の公演予定一覧へ国立能楽堂劇場トップへ