国立能楽堂

12月普及公演 柑子・葛城

  • 主催公演

※内容・日程に一部変更の場合もございます。
 予めご了承下さい。

公演期間

2019年12月14日(土)

開演時間

午後1時開演(終演予定午後3時45分頃)
※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

ジャンル

  • 能・狂言

演目・主な出演者

解説・能楽あんない
葛城山の山岳信仰と修験道  鈴木 正崇(慶應義塾大学名誉教授)

狂言 柑子 (こうじ) 善竹 彌五郎(大蔵流)

能  葛城 (かづらき) 大和舞(やまとまい) 浅見 真州(観世流)


 *字幕あり(日本語・英語)
(2019/10/04)

前売開始日

電話・インターネット予約=11月9日(土)午前10時より
窓口販売=11月10日(日)より

 ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

等級別料金

正 面 =5,000円
脇正面=3,300円(学生2,300円)
中正面=2,800円(学生2,000円)
座席図はこちら


お問い合わせ
(チケット購入等)

国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
 0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

インターネット購入
https://ticket.ntj.jac.go.jp/

タイムテーブル

タイムテーブルのご案内(202.42KB)

柑子

主人から預かった柑子(蜜柑)を食べてしまった太郎冠者は、言い訳に俊寛の物語を始め…。

葛城

役行者の命令に背いて呪縛されていた大和葛城の女神が、ひととき解き放たれ一面の銀世界の中で舞を舞います。小書により雪山の作リ物が出されます。
本日の公演予定一覧へ国立能楽堂劇場トップへ