国立劇場

5月特別企画公演「神々の残照―伝統と創造のあわいに舞う―」

  • 大劇場
  • 主催公演

※内容・日程に一部変更の場合もございます。
 予めご了承下さい。

公演期間

2019年5月25日(土)

開演時間

午後2時30分開演(午後5時15分終演予定)
※開場時間は、開演の30分前です。

ジャンル

  • その他

演目・主な出演者

言葉~ひびく~身体Ⅰ
神々の残照-伝統と創造のあわいに舞う-

 国立劇場とアーツカウンシル東京は、ジャンル等の垣根を越えて広く舞踊(ダンス)の魅力にふれていただく、〈言葉~ひびく~身体〉を2019年よりスタートさせます。時に相和し、時に拮抗し、いにしえより影響を与え合いながら歩んできた「言葉と身体」をコンセプトに、現代に息づく語りや歌、そして舞踊(ダンス)が織り成す世界をご堪能いただきます。
 第1回目となる「神々の残照」では、「神」をキーワードに、日本舞踊、インド舞踊、トルコ舞踊、コンテンポラリーダンス(新作)を上演します。

【日本舞踊】

長唄 翁千歳三番叟(おきなせんざいさんばそう)
翁          尾上墨雪
千歳       花柳寿楽
三番叟     若柳吉蔵

地方=杵屋東成・杵屋勝禄 ほか
囃子=藤舎呂浩連中


【インド古典舞踊】
オディッシー
 マンガラチャラン/バットゥ/パッラヴィ/アビナヤ/モクシャ
 小野雅子
 シルシャ・ダッシュ
 ラシュミー・バット
 アビシェーク・クマール

演奏=サンギータ・ゴーサイン
     ブッダナート・スワイン
     シュリニバス・サタパシー
     スワプネシュワル・チャクラボーティ
     クシティ・プラカッシュ・モハーパトラ


【トルコ舞踊】
メヴラーナ旋回舞踊〈セマー〉
トルコ共和国文化観光省所属 コンヤ・メヴラーナ楽団


【コンテンポラリーダンス】
構成・振付・演出=笠井叡
マーラー作曲〈交響曲第五番〉と群読による
古事記祝典舞踊
いのちの海の声が聴こえる (新作初演)
テキスト=古事記~大八島国の生成と冥界降り~

 近藤良平・酒井はな・黒田育世・笠井叡/
 浅見裕子・上村なおか・笠井瑞丈/
 岡本優・小暮香帆・四戸由香・水越朋/
 〔群舞〕ペルセパッサ・オイリュトミー団/
 〔群読〕天使館朗唱団


企画アドバイザー=石井達朗

主催=独立行政法人日本芸術文化振興会(国立劇場)
     アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
助成・協力=東京都




(字幕表示がございます)

in English

(2019/2/4 現在)

前売開始日

電話・インターネット予約開始=2月11日(月・祝)午前10時~
窓口販売開始=2月12日(火)(営業時間 午前10時~午後6時)
※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

等級別料金

1等=6,000円(学生 4,200円)
2等=4,000円(学生 2,800円)
座席表はこちら

※障害者の方は2割引です。また、車椅子用スペースがございます。詳細はチケットセンターまでお問い合わせください。
※出演者などの変更の場合はご了承ください。

お問い合わせ
(チケット購入等)

国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
0570-07-9900
03-3230-3000[一部IP電話等]

インターネット購入
パソコンから http://ticket.ntj.jac.go.jp/
スマートフォンから http://ticket.ntj.jac.go.jp/m

アクセス・
バリアフリー情報

所在地・アクセス方法
劇場バス:終演後に劇場正面入口(前庭)より劇場バスが運行します。詳細は上記、所在地・アクセス方法からご確認ください。
バリアフリー情報
本日の公演予定一覧へ国立劇場劇場トップへ