国立劇場

国立劇場視聴室

国立劇場では、伝統芸能の理解及び啓蒙普及を図る目的の一環として、歌舞伎・文楽・能楽・舞踊・邦楽・演芸・民俗芸能など芸能に関する図書、逐次刊行物、筋書、芝居版画、番付、主催公演の記録映像・録音など各種所蔵資料と、調査研究事業による上演資料集などの刊行物を出演者・舞台関係者、研究者、一般の方にご利用いただいております。

視聴室(国立劇場3階)『国立劇場・国立演芸場公演記録資料』

日本芸術文化振興会では、国の緊急事態宣言が解除されたことから、国立劇場視聴室を、7月2日(木)から開室いたします。

 再開にあたっては、「独立行政法人日本芸術文化振興会新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に基づいた感染予防措置を講じます。なお、感染予防への対策を徹底するため、ご利用は予約制といたします。お客様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

予約方法、開室日、開室時間等につきましては、以下でご確認のうえ、ご来室くださいますよう、お願いいたします。

 お客様へのお願い

・次に該当するお客様のご来室は、ご遠慮くださいますようお願いいたします。

  37.5度以上の発熱があるお客様

  咳、喉の痛み等の症状があるお客様

  過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴があるお客様

・国立劇場事務所入口来場時に検温を行います。37.5度以上の発熱があるお客様の入室はご遠慮いただきます。

・マスクを着用でないお客様の入室はご遠慮いたただきます。咳エチケットにご協力をお願いいたします。

・手洗いや手指消毒にご協力をお願いいたします。

・視聴室入室時に氏名・連絡先、健康状態等のご記入をお願いいたします。当施設で新型コロナウイルス感染症の発症の疑いが生じた場合のご連絡と、保健所などへの情報提供のみに使用し、目的外には使用いたしません。

・お客様同士の距離をできるだけ2メートル取るように心がけ、会話を控えて静かにご利用ください。

・機器等の利用前と利用後に、手洗いや手指消毒にご協力をお願いいたします。

・視聴した資料は、受付カウンターにご返却いただくようご協力をお願いいたします。

 「ヘルスチェックシート」はこちらです。

上記各事項にご協力いただけない場合はご入室をお断りする場合があります。

 施設側の取り組み

・スタッフは検温を実施し、健康状態を確認しています。

・お客様とスタッフの健康・安全を考慮し、スタッフはマスクや手袋を着用します。

・受付にはアクリル板を設置します。

・出入口に消毒液を設置します。

・室内の清掃・消毒・換気を徹底します。

・お客様同士の間隔があけられるよう入室者数を制限(2名以内。※大視聴室、小視聴室各1名。)します。

・お客様のご利用時間は、長時間にわたる滞在をされないよう2時間までといたします。

・なお、当施設内で万が一感染者が確認された際は、振興会ホームページ(https://www.ntj.jac.go.jp/)等でお知らせします。お客様の氏名・連絡先等を保健所へ提供する場合がございます。また、お客様ご自身による来室日時の記録をお願いいたします。

皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

独立行政法人日本芸術文化振興会新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインはこちら

視聴室ご利用についての詳細はこちら

開室日
/開室時間
開室日カレンダー

平日
開室日の午前11時~午後4時
休室日 土曜日・日曜日・祝日・月末整理日・創立記念日〈7月1日〉・年末年始・特別整理期間・公演記録鑑賞会開催日
入室制限 3名以内(大視聴室、小視聴室、視聴ブース各1名)
※利用時間を2時間までといたします。
予約方法 前日までに電話でご予約ください。ご予約は1回につき、1回のご利用分とします。
・予約受付 国立劇場視聴室
TEL:03-3265-6479 開室時間内のみ受付

お問い合わせ先

TEL:03-3265-6479 視聴室予約直通
〔受付時間 開室日の午前10時~午後5時〕

国立劇場 図書閲覧室/蔵書検索

国立劇場 コンテンツ