独立行政法人日本芸術文化振興会

公式アカウント
チケット購入
English
チケット
国立能楽堂
  • 能・狂言
  • 国立能楽堂

9月定例公演 舎弟・松虫

公演期間
2022年9月16日(金)
開演時間

新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力をお願いします。
詳細はこちら。


午後5時30分開演
※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

演目・主な出演者

狂言 舎弟 (しゃてい)  茂山 逸平(大蔵流)

能  松虫 (まつむし)   宝生 和英(宝生流)


 *字幕あり(日本語・英語)

前売開始日

電話・インターネット予約=8月10日(水)午前10時より
窓口販売=8月11日(木・祝)より

 ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

等級別料金

正 面 =5,000円
脇正面=3,300円(学生2,300円)
中正面=3,000円(学生2,100円)
座席図はこちら

お問い合わせ

国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
 0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

インターネット購入
https://ticket.ntj.jac.go.jp/

タイムテーブル
タイムテーブルのご案内(97.71KB)
舎弟
兄からいつも「舎弟」と呼ばれる弟。その意味を尋ねに知人の所へ出かけます。知人が「舎弟とは盗人のこと」と嘘を教えると、弟はそれを真に受けて…。
松虫
松虫の音に引かれ野に分け入ったまま空しくなった友を、自らが亡霊となっても偲び続ける男。虫の音響く秋の夜に友を懐かしむ舞を舞い、詩情豊かに男の友情を描きます。
関連トピックス
【千駄ヶ谷だより】〇〇さを意識して演じてみましょう!(令和4年9月16日定例公演出演の茂山逸平さんよりコメントをいただきました)

【千駄ヶ谷だより】多くの国立能楽堂オリジナルグッズのイラストを手掛けるスペースオフィスによる物販イベント開催(令和4年9月16日定例公演)

【千駄ヶ谷だより】秋の静けさに思いを巡らせて(令和4年9月16日定例公演出演の宝生和英さんよりコメントをいただきました)

【千駄ヶ谷だより】ロビートークイベント《能「松虫」と秋に鳴く虫》開催決定!(令和4年9月16日定例公演)