日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 9月定例公演 鶏泣・自然居士

schedule

9月定例公演 鶏泣・自然居士

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2022年9月7日(水)
    開演時間

    新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力をお願いします。
    詳細はこちら。


    午後1時開演
    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    演目・主な出演者

    狂言 鶏泣 (けいりゅう)  山本泰太郎(大蔵流)

    能  自然居士 (じねんこじ) 片山九郎右衛門(観世流)


     *字幕あり(日本語・英語)
    (2022/01/05)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=8月10日(水)午前10時より
    窓口販売=8月11日(木・祝)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    等級別料金

    正 面 =5,000円
    脇正面=3,300円(学生2,300円)
    中正面=3,000円(学生2,100円)
    座席図はこちら

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
    https://ticket.ntj.jac.go.jp/

    タイムテーブルタイムテーブルのご案内(95.25KB)
    鶏泣一番鶏が歌ったら起こせと主人に頼まれた太郎冠者。つい寝過ごしてしまった言い訳に「鶏は歌うのではなく鳴くもの」と言い張って、古歌を引き合いに論争が始まります。
    自然居士両親の供養のために身を売った幼い者を救おうと、自然居士は人買いを追いかけます。さまざまな芸尽くしも見所の、観阿弥が作り、得意とした能です。

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 特別展 柴田是真と能楽 江戸庶民の視座