独立行政法人日本芸術文化振興会

公式アカウント
チケット購入
English
チケット
国立能楽堂
  • 能・狂言
  • 国立能楽堂

4月狂言の会 雁礫・茶壺・宗旦狐

公演期間
2022年4月22日(金)
開演時間

新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力をお願いします。
詳細はこちら。


午後1時開演
※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

演目・主な出演者

《月間特集 千利休生誕500年》

狂言 雁礫 (がんつぶて)  三宅 右近(和泉流)

狂言 茶壺 (ちゃつぼ)  大藏 彌太郎(大蔵流)

新作狂言 宗旦狐 (そうたんぎつね)  茂山 茂

 *字幕あり(日本語・英語)
(2022/01/05)

前売開始日

電話・インターネット予約=3月10日(木)午前10時より
窓口販売=3月11日(金)より

 ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

等級別料金

正 面=4,700円
脇正面=3,300円(学生2,300円)
中正面=3,000円(学生2,100円)
座席図はこちら

お問い合わせ

国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
 0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

インターネット購入
https://ticket.ntj.jac.go.jp/

タイムテーブル
タイムテーブルのご案内(113.01KB)
雁礫
弓矢で雁を狙う大名。通りかかった男が先に石礫で打ち落としてしまいます。大名は自分が弓矢で射たのだと言い張り…。雁に見立てた羽箒にも注目です。
茶壷
男が居眠りした隙に、すっぱ(盗人)が近寄り、男の茶壺を自分の物だと言い張ります。所の目代(役人)に仲裁を頼みますが…。
宗旦狐
近頃洛中に現れる茶人の正体は何と相国寺に住む古狐でした。相国寺の宗旦狐伝説に、狂言「釣狐」や能「八島」を取り入れ、作中で茶の湯の点前も演じられるなど見所の多い作品です。