日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 2月普及公演 釣針・枕慈童

schedule

2月普及公演 釣針・枕慈童

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2023年2月18日(土)
    開演時間

    新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力をお願いします。
    詳細はこちら。


    午後1時開演
    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    演目・主な出演者

    《月間特集 近代絵画と能》

    解説・能楽あんない
     画家は何を描くのか ―画題と能画 小林 健二
                         (国文学研究資料館名誉教授)

    狂言 釣針 (つりばり)  三宅 右矩(和泉流)

    能   枕慈童 (まくらじどう)  出雲 康雅(喜多流)


     *字幕あり(日本語・英語)
    (2022/12/01)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=1月10日(火)午前10時より
    窓口販売=1月11日(水)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    等級別料金

    正 面=5,000円
    脇正面=3,300円(学生2,300円)
    中正面=3,000円(学生2,100円)
    座席図はこちら

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
    https://ticket.ntj.jac.go.jp/

    タイムテーブルタイムテーブルのご案内(150.83KB)
    《月間特集・近代絵画と能》演目と同じ題材が描かれた絵画とともに能の魅力を味わう「絵画と能」シリーズの八回目。近代を代表する画家たちが描いた名画を補助線として、能の魅力をお楽しみいただきます。
    釣針独身の主人と家来は西宮の夷様に祈ると、釣針で妻を釣るようにとの託宣を受けます。お告げのとおり釣針を見つけ早速釣り始めると…。二人は素敵な連れ合いを得ることができるでしょうか。
    枕慈童魏の文帝の命で勅使は薬の水が湧き出たとされる酈縣山(てっけんざん)へと赴きます。そこで出会った七百年の長寿を保つ美しい童子は、王より賜った枕について語り、菊花咲き乱れる仙境に戯れ、言祝ぎの舞を舞います。 (絵画作品=梶田半古「菊慈童」)

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約