日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 2月定例公演 子盗人・項羽

schedule

2月定例公演 子盗人・項羽

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2023年2月15日(水)
    開演時間

    新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力をお願いします。
    詳細はこちら。


    午後1時開演
    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    演目・主な出演者

    《月間特集 近代絵画と能 》

    狂言 子盗人 (こぬすびと)  大藏彌右衛門(大蔵流)

    能  項羽 (こうう)  浅見 重好(観世流)


     *字幕あり(日本語・英語)
    (2022/01/05)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=1月10日(火)午前10時より
    窓口販売=1月11日(水)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。


    等級別料金

    正 面=5,000円
    脇正面=3,300円(学生2,300円)
    中正面=3,000円(学生2,100円)
    座席図はこちら

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
    https://ticket.ntj.jac.go.jp/

    タイムテーブルタイムテーブルのご案内(134.9KB)
    《月間特集・近代絵画と能》演目と同じ題材が描かれた絵画とともに能の魅力を味わう「絵画と能」シリーズの八回目。近代を代表する画家たちが描いた名画を補助線として、能の魅力をお楽しみいただきます。
    子盗人有徳人の家へ盗みに入った男は、座敷で寝ていた赤ん坊を見つけます。あまりに可愛らしく、目的を忘れてあやし始めますが…。赤子のお守りをする様子が何とも微笑ましい狂言です。
    項羽草刈男に虞美人草の由来を説く老人はかつての楚の大将・項羽でした。項羽の霊は活躍華やかなりし頃を偲びつつも、妃・虞氏との非情な別れや、漢の高祖との最期の戦のさまを劇的に再現して見せます。 (絵画作品=安田靫彦「項羽」)

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約