日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 12月定例公演 樋の酒・天鼓

schedule

12月定例公演 樋の酒・天鼓

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2022年12月16日(金)
    開演時間

    新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力をお願いします。
    詳細はこちら。


    午後5時30分開演
    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    演目・主な出演者

    ◎演出の様々な形

    狂言 樋の酒 (ひのさけ)  山本 則孝(大蔵流)

    能  天鼓 (てんこ) 盤渉(ばんしき) 本田 光洋(金春流)


     *字幕あり(日本語・英語)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=11月10日(木)午前10時より
    窓口販売=11月11日(金)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    等級別料金

    正 面=5,000円
    脇正面=3,300円(学生2,300円)
    中正面=3,000円(学生2,100円)
    座席図はこちら

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
    https://ticket.ntj.jac.go.jp/

    タイムテーブルタイムテーブルのご案内(139.51KB)
    ◎演出の様々な形同一作品を違った演出でお楽しみいただくシリーズを、11月に続きお届けします。
    樋の酒主人の留守中に酒を盗み飲む家来二人は別々に蔵へ閉じ込められます。酒蔵でひとり酒を飲み始めた次郎冠者をうらやむ太郎冠者は近くに樋を見つけ…。
    天鼓美しい音の出る鼓を持つ少年天鼓は、帝の命に背き川へ沈められます。管絃講で弔われた天鼓の霊は鼓を奏で、〈楽〉を舞います。今月は小書「盤渉」により、〈楽〉での笛の調子が高くなるなど、より華やいだ雰囲気になります。
    関連トピックス【公演特設ページ】演出の様々な形(11月18日(金)・12月16日(金)定例公演)

    【千駄ヶ谷だより】12月16日(金)定例公演・ロビーでのクリスマスギフト等販売イベントのご案内

    【千駄ヶ谷だより】12月16日(金)定例公演での来場者プレゼント(ポストカード型カレンダー)のご案内

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 特別展 柴田是真と能楽 江戸庶民の視座