独立行政法人日本芸術文化振興会

公式アカウント
チケット購入
English
チケット
国立能楽堂
  • 能・狂言
  • 国立能楽堂

10月定例公演 鶏聟・浮舟

公演期間
2022年10月21日(金)
開演時間

新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力をお願いします。
詳細はこちら。


午後5時30分開演
※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

演目・主な出演者


狂言 鶏聟 (にわとりむこ) 山本 則秀(大蔵流)

能  浮舟 (うきふね) 彩色(さいしき) 観世銕之丞(観世流)


 *字幕あり(日本語・英語)
(2022/01/05)

前売開始日

電話・インターネット予約=9月10日(土)午前10時より
窓口販売=9月11日(日)より

 ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

等級別料金

正 面=5,000円
脇正面=3,300円(学生2,300円)
中正面=3,000円(学生2,100円)
座席図はこちら

お問い合わせ

国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
 0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

インターネット購入
https://ticket.ntj.jac.go.jp/

タイムテーブル
タイムテーブルのご案内(113.6KB)
鶏聟
聟入りの作法として聟が教えられたのは、なんと闘鶏の真似でした。素直に信じた聟は鶏の真似を始め、それを見た舅は…。
浮舟
宇治の里に現れた女はかつて光源氏の子・薫中将と貴公子・匂宮、二人の男性の愛に悩み苦しんだ浮舟の霊でした。『源氏物語』宇治十帖を題材に能独自の脚色がなされた作品です。
関連トピックス
【千駄ヶ谷だより】不思議な魅力を持った「浮舟」を(令和4年10月21日定例公演出演の観世銕之丞さんよりコメントをいただきました)

【千駄ヶ谷だより】おかしくも心温まる狂言「鶏聟」(令和4年10月21日定例公演出演の山本則秀さんよりコメントをいただきました)