日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 9月定例公演 菊の花・天鼓

schedule

9月定例公演 菊の花・天鼓

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2020年9月18日(金)
    開演時間

    新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力をお願いします。
    詳細はこちら。


    午後6時30分開演(終演予定午後9時頃)
    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    演目・主な出演者

    狂言 菊の花 (きくのはな)  佐藤 友彦(和泉流)

    能  天鼓 (てんこ) 豊嶋彌左衞門(金剛流)


     *字幕あり(日本語・英語)
    (2020/06/30)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=8月16日(日)午前10時より
    窓口販売=8月17日(月)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    等級別料金

    正 面 =5,000円
    脇正面=3,300円(学生2,300円)
    中正面=2,800円(学生2,000円)
    座席図はこちら

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
    https://ticket.ntj.jac.go.jp/

    菊の花太郎冠者は主人に無断で都見物。菊の花を頭に差していると、美しい貴婦人に和歌を詠みかけられ、祇園へと行きますが…。
    天鼓美しい音の出る鼓を持つ少年天鼓は、鼓を召す帝の命に背き川へと沈められます。管絃講で弔われた天鼓の霊は鼓を奏で楽を舞い、妙なる鼓の音が秋の夜空に広がります。

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 入門展「能楽入門」