日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 1月特別公演 誓願寺・節分・大仏供養

schedule

1月特別公演 誓願寺・節分・大仏供養

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2021年1月30日(土)
    開演時間新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力をお願いします。
    詳細はこちら。

    午後1時開演

    ※感染予防のため、通常とは異なる上演の形態で演じられる場合がございます。また、今後の状況により、公演が中止となる場合がございます。あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。

    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    演目・主な出演者

    能  誓願寺 (せいがんじ)  金剛 永謹(金剛流)

    狂言 節分 (せつぶん)  井上松次郎(和泉流)

    能  大仏供養 (だいぶつくよう)  観世 喜正(観世流)


     *字幕あり(日本語・英語)
    (2020/01/04)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=12月16日(水)午前10時より
    窓口販売=12月17日(木)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    等級別料金

    正 面 =7,800円
    脇正面=6,300円(学生4,400円)
    中正面=4,700円(学生3,300円)
    座席図はこちら

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
    https://ticket.ntj.jac.go.jp/

    タイムテーブルタイムテーブルのご案内(301.91KB)
    誓願寺熊野で霊夢を賜った一遍上人が都・誓願寺を訪れると、歌舞の菩薩となった和泉式部が現れ、浄土曼陀羅の如く荘厳な情景を映してみせます。
    節分節分の夜、一人留守番をする女の家に鬼がやって来て、女に懸想します。全くなびかない女に鬼は宝を次々に与えますが…。
    大仏供養東大寺の大仏供養に訪れた源頼朝を討とうと、悪七兵衛景清は宮人になりすまして近づきます。正体が露見した景清は次の機会を待つことを告げ、姿を消すのでした。

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 「収蔵資料展」