日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 1月狂言の会 餅酒・泣尼・牛盗人

schedule

1月狂言の会 餅酒・泣尼・牛盗人

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2021年1月22日(金)
    開演時間新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力をお願いします。
    詳細はこちら。


    午後6時30分開演
    ※素囃子「下リ端」の上演を取りやめます。
     休憩時間を無しとし、午後8時に終演いたします。

    ※感染予防のため、通常とは異なる上演の形態で演じられる場合がございます。また、今後の状況により、公演が中止となる場合がございます。あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。
    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    演目・主な出演者

    狂言 餅酒 (もちさけ)  松田 髙義(和泉流)

    狂言 泣尼 (なきあま)  茂山 七五三(大蔵流)

    狂言 牛盗人 (うしぬすびと)  野村 万作(和泉流)


     *字幕あり(日本語・英語)
    (2020/01/04)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=12月16日(水)午前10時より
    窓口販売=12月17日(木)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    等級別料金

    正 面=4,700円
    脇正面=3,300円(学生2,300円)
    中正面=2,800円(学生2,000円)
    座席図はこちら

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
    https://ticket.ntj.jac.go.jp/

    タイムテーブルタイムテーブルのご案内(231.87KB)
    餅酒元旦、加賀のお百姓は酒を、越前のお百姓は餅を年貢として納めます。新春に相応しいめでたい脇狂言です。
    泣尼説法に自信のない僧は泣き上手な泣尼に頼んで、布施の半分を約束に、泣いて場を盛り立ててもらおうとしますが…。
    牛盗人法皇の御車の牛が盗まれ、自分の父が盗んだと一人の少年が訴え出ます。父を捕えに来た牛奉行に息子はある褒美を求めます。

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 「収蔵資料展」