日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 1月定例公演 松囃子・弱法師

schedule

1月定例公演 松囃子・弱法師

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2021年1月15日(金)
    開演時間新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力をお願いします。
    詳細はこちら。


    午後6時30分開演
    ※休憩時間を無しとし、午後8時に終演いたします。
    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    演目・主な出演者

    狂言 松囃子 (まつばやし)  石田 幸雄(和泉流)

    能  弱法師 (よろぼし) 朝倉 俊樹(宝生流)


     *字幕あり(日本語・英語)
    (2020/01/04)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=12月16日(水)午前10時より
    窓口販売=12月17日(木)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    等級別料金

    正 面 =5,000円
    脇正面=3,300円(学生2,300円)
    中正面=2,800円(学生2,000円)
    座席図はこちら

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
    https://ticket.ntj.jac.go.jp/

    タイムテーブルタイムテーブルのご案内(212.39KB)
    松囃子万歳太郎の舞う松囃子、めでたさが例年に劣るわけとは…。正月に家々を祝福して回った祝祷芸・松囃子の姿がしのばれます。
    弱法師讒言で家を追われ盲目となった俊徳丸は、早春の梅の香に満ちた天王寺で父との再会を果たします。悲しみと一縷の希望が交差する観世元雅による名曲です。

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 特別展「日本人と自然 能楽と日本美術」