日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 12月定例公演 鐘の音・橋弁慶

schedule

12月定例公演 鐘の音・橋弁慶

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2019年12月20日(金)
    開演時間

    午後6時30分開演(終演予定午後8時15分頃)
    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    演目・主な出演者

    ◎演出の様々な形
    狂言 鐘の音 (かねのね) 野村 万蔵(和泉流)

    能  橋弁慶(はしべんけい) 替装束・扇之型(かえしょうぞく・おうぎのかた)
        金剛 永謹(金剛流)


    出演者変更のお知らせ(2019/8/19)


     *字幕あり(日本語・英語)
    (2019/08/19)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=11月9日(土)午前10時より
    窓口販売=11月10日(日)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    等級別料金

    正 面 =5,000円
    脇正面=3,300円(学生2,300円)
    中正面=2,800円(学生2,000円)
    座席図はこちら


    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
    https://ticket.ntj.jac.go.jp/

    鐘の音主人に「金の値」を聞いてくるように命じられた太郎冠者は、勘違いして鎌倉中の寺の「鐘の音」を聞いて回り…。
    橋弁慶京都五条橋での牛若丸・弁慶主従の出会いを描く能です。今月は小書により、後シテが面を着けて登場し、牛若が弁慶に扇を投げつける型が加わります。

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 特別展 神戸女子大学古典芸能研究センター・神戸女子大学図書館所蔵 能狂言絵コレクション