日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 1月普及公演 酢薑・八島

schedule

1月普及公演 酢薑・八島

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2020年1月11日(土)
    開演時間

    午後1時開演(終演予定午後3時45分頃)
    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    演目・主な出演者

    解説・能楽あんない
    八島のいくさを語り継ぐ  佐伯 真一(青山学院大学教授)

    狂言 酢薑 (すはじかみ) 髙澤 祐介(和泉流)

    能  八島 (やしま) 今井 泰行(宝生流)


     *字幕あり(日本語・英語)
    (2019/11/01)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=12月9日(月)午前10時より
    窓口販売=12月10日(火)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    等級別料金

    正 面 =5,000円
    脇正面=3,300円(学生2,300円)
    中正面=2,800円(学生2,000円)
    座席図はこちら

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
    https://ticket.ntj.jac.go.jp/

    酢薑正しい由緒を賭けて、酢売りと薑(生姜)売りが品名を詠み込んでの秀句(しゃれ)合戦を繰り広げます。
    八島源義経が主役の修羅能。命の危険を冒し海中に落ちた弓矢を拾い上げた「弓流し」など、八島での義経の雄姿や武将達の活躍を描きます。

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 特別展 神戸女子大学古典芸能研究センター・神戸女子大学図書館所蔵 能狂言絵コレクション