日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 11月定例公演 千鳥・三井寺

schedule

11月定例公演 千鳥・三井寺

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2018年11月7日(水)
    開演時間

    午後1時開演(終演予定午後3時30分頃)
    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    演目・主な出演者平成30年度(第73回)文化庁芸術祭協賛

    《開場35周年記念》
    狂言 千鳥 (ちどり)  野村 万禄(和泉流)

    能  三井寺(みいでら)  粟谷 能夫(喜多流)

     *字幕あり(日本語・英語)
    (2018/01/06)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=10月9日(火)午前10時より
    窓口販売=10月10日(水)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    等級別料金

    正 面=4900円
    脇正面=3200円(学生2200円)
    中正面=2700円(学生1900円)

    座席図はこちら

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
     パソコン    http://ticket.ntj.jac.go.jp/
     スマートフォン http://ticket.ntj.jac.go.jp/m

    タイムテーブルタイムテーブルのご案内(244.56KB)
    千鳥つけがたまり酒を売ってもらえない太郎冠者。話好きな酒屋の隙を見て酒を奪おうと津島祭の話を始めて…。
    三井寺我が子を探して物狂いとなり三井寺までやってきた母。中秋の名月の下、子への思いを募らせ鐘を撞く「鐘ノ段」は情趣あふれる名場面です。

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 国立能楽堂開場35周年記念「収蔵資料展」