日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 10月企画公演 枕物狂・竹生島

schedule

10月企画公演 枕物狂・竹生島

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2018年10月25日(木)
    開演時間

    午後1時開演(終演予定午後3時30分頃)
    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    演目・主な出演者平成30年度(第73回)文化庁芸術祭協賛

    《開場35周年記念 月間特集・所縁の能・狂言》
    ◎所縁の能・狂言
    狂言 枕物狂 (まくらものぐるい)  茂山 千作(大蔵流)

    能 竹生島 (ちくぶしま)  女体(にょたい)  香川 靖嗣(喜多流)


     *字幕あり(日本語・英語)
    (2018/01/06)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=9月9日(日)午前10時より
    窓口販売=9月10日(月)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    等級別料金

    正 面=6300円
    脇正面=4800円(学生3400円)
    中正面=3200円(学生2200円)

    座席図はこちら

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
     パソコン    http://ticket.ntj.jac.go.jp/
     スマートフォン http://ticket.ntj.jac.go.jp/m

    タイムテーブルタイムテーブルのご案内(369.42KB)
    枕物狂百歳を越えた祖父の恋を成就させようと孫たちは…。茂山千吾が井伊直弼の前で、急病の演者に代わり即座に演じて見せ、「千五郎」の名を与えられた逸話の残る狂言です。
    竹生島琵琶湖に浮かぶ竹生島に弁財天と龍神が現れ、国土安穏を誓います。喜多流の小書「女体」は井伊直弼の発案といわれ、前半は老人、後半は弁財天が主役となる形です。

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 国立能楽堂開場35周年記念「収蔵資料展」