日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 10月定例公演 越後聟・芦刈

schedule

10月定例公演 越後聟・芦刈

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2018年10月3日(水)
    開演時間

    午後1時開演(終演予定午後3時45分頃)
    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    演目・主な出演者平成30年度(第73回)文化庁芸術祭協賛

    《開場35周年記念 月間特集・所縁の能・狂言》
    狂言 越後聟 (えちごむこ)  野村 又三郎(和泉流)

    能  芦刈(あしかり)  梅若 紀彰(観世流)


    *字幕あり(日本語・英語)
    (2018/01/06)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=9月9日(日)午前10時より
    窓口販売=9月10日(月)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    等級別料金

    正 面=4900円
    脇正面=3200円(学生2200円)
    中正面=2700円(学生1900円)

    座席図はこちら

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
     パソコン    http://ticket.ntj.jac.go.jp/
     スマートフォン http://ticket.ntj.jac.go.jp/m

    越後聟聟入りに来た越後の聟は、舅に所望され獅子舞を舞って見せます。明治期に野村又三郎家の番外曲から和泉流の現行曲に加えられた作品です。
    芦刈芦売りに身をやつした夫が妻と再会する夫婦の情愛を描く物語で、「笠ノ段」も眼目です。室町中期に梅津景久が宮中で本曲を舞った際に梅若姓を賜ったと伝えられます。

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 特別展 土佐山内家の能楽