日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場小劇場  > 令和3年3月特別企画公演「詩歌をうたい、奏でる ―中世と現代―」

schedule

令和3年3月特別企画公演「詩歌をうたい、奏でる ―中世と現代―」

  • 小劇場
  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2021年3月5日(金)~2021年3月6日(土)
    開演時間

    5日(金)午後5時30分開演(午後7時40分終演予定)
    6日(土)午後5時30分開演(午後7時40分終演予定)

    ※開場時間は、開演の30分前の予定です。
    ※本公演は休憩がございます。

    ジャンルその他 
    演目・主な出演者

    新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力をお願いします。
    対策の具体的な内容につきましては、こちらをご覧ください。


    詩歌をうたい、奏でる ―中世と現代―


    5日(金)午後5時30分開演-----------------------------------------------

    【中世】
    解説 沖本幸子

    梁塵秘抄(りょうじんひしょう)  より
    今様 春始(はるのはじめ)/ 今様 足柄 関神(あしがら せきのかみ)/ 今様 物様 権現(もののよう ごんげん)/ 白拍子 水白拍子(みずしらびょうし)

    【現代】
    解説 小沼純一

    作曲=ジョン・ケージ、音楽監督=川島素晴・Marc David Ferrum・桑原ゆう
    RENGA (1975-76)


    6日(土)午後5時30分開演-----------------------------------------------


    【中世】
    解説 沖本幸子ほか

    五節間郢曲事(ごせちのあいだのえいきょくのこと) より
    乱拍子 思之津(おもいのつ)/  
    朗詠 令月(れいげつ)/ 今様 蓬莱山(ほうらいさん)/ 乱舞 万歳楽(まんざいらく)/ 白拍子 水猿曲(みずのえんぎょく)/ 乱拍子 白薄様(しろうすよう)

    【現代】
    解説 小沼純一ほか

    作曲=川島素晴・Marc David Ferrum・桑原ゆう
    ベルリン連詩Ⅱ―『ファザーネン通りの縄ばしご』より  (2021)
     国立劇場委嘱作品 世界初演



    出演=十二音会 / 下野戸亜弓(中世)
             伶楽舎・アンサンブル東風 / 坂真太郎・松平敬(現代)
    企画協力=沖本幸子(中世)、一柳慧(現代)


    ※字幕表示がございます。

    令和2年度日本博主催・共催型プロジェクト
    主催=文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会

     


    in English

    (2021/1/14 現在)


     


    前売開始日電話・インターネット予約開始=2月11日(木・祝)午前10時
    窓口販売開始=2月12日(金)
    ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。
    等級別料金全席指定 5,000円、学生 3,500円(いずれも税込・各回)
    セット料金 9,100円(2公演、同時購入の場合のみ)

    座席表はこちら

    ※障害者の方は、2割引です。また、車椅子用スペースがございます。詳細はチケットセンターまでお問い合わせください。
    ※出演者などの変更の場合はご了承ください。
    お問い合わせ
    (チケット購入等)
    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
    0570-07-9900
    03-3230-3000[一部IP電話等]

    インターネット購入
    https://ticket.ntj.jac.go.jp/ (パソコン・スマートフォン共通)
    アクセス・
    バリアフリー情報
    所在地・アクセス方法
    劇場バス:新型コロナウイルス感染症拡大予防の観点から、劇場バスの運行は中止させていただきます。
    バリアフリー情報

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 企画展示 国立劇場の養成事業「心と技を伝えた50年」