日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場大劇場  > 5月特別企画公演「今を生きる―現前する舞と生―」 【公演中止】

schedule

5月特別企画公演「今を生きる―現前する舞と生―」 【公演中止】

  • 大劇場
  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2020年5月23日(土)~2020年5月24日(日)
    開演時間【重要】5月特別企画公演 中止のお知らせ

    午後3時開演(午後6時終演予定)
    ※開場時間は、開演の30分前です。
    ジャンルその他 
    演目・主な出演者

    言葉~ひびく~身体Ⅱ
    今を生きる-現前する舞と生-

     国立劇場とアーツカウンシル東京が2019年よりスタートさせた〈言葉~ひびく~身体〉は、ジャンル等の垣根を越えて広く舞踊(ダンス)の魅力にふれていただくシリーズです。時に相和し、時に拮抗し、古より影響を与え合いながら歩んできた「言葉と身体」が、現代に切り開く地平に迫ります。
     第2回目となる今回は〈今を生きる〉のテーマのもと、人間と社会、それぞれの内面や在り方、両者の関係に独自の視点でアプローチし、人間の様々な「生」を探る新作3作品を上演します。舞台上の“今・そこ”でときに躍動し、ときに沈潜する言葉、身体、動き――振付家とダンサーによる3つの小宇宙が創造されます。新作ならではの緊張感と可能性に満ちた舞台にご期待ください。


    演出・振付=倉田翠
    SABAKU  (新作初演)
     今村達紀
     大石英史
     楠毅一朗
     竹ち代毬也
     狭間要一
     平澤直幸
     正木悠太
     諸江翔大朗
     山本和馬
     よしたく
     石原菜々子
     遠藤僚之介
     大橋拓也
     黒田健太
     田辺泰信
     前田耕平
     心力
     森本圭治

     寺田みさこ

    演出・振付=中村恩恵
    人と谺-The Man and the Echo-  (新作初演)
    (ひととこだま)
     花柳基
     宮本祐宜

    コンセプト・振付=ラシッド・ウランダン
    時間と眼差し (新作初演)
    (原題: Nous regardions les années)
     アニー・ハナウアー
     ローラ・ジュオドカイト
     セバスティアン・ルディグ
     マヤレン・オトンド
     ローラ・ポティロン
     レアンドロ・ヴィラヴィセンシオ
     オール・ワシュテール
      ほかオーディションによる日本人ダンサー7人

    企画アドバイザー=石井達朗

    主催=独立行政法人日本芸術文化振興会(国立劇場)
         公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
    助成・協力=東京都
    後援=在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本





    in English

    (2020/3/10 現在)

    前売開始日電話・インターネット予約開始=3月11日(水)午前10時~
    窓口販売開始=3月12日(木)(営業時間 午前10時~午後6時)
    ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。
    等級別料金1等=5,500円(学生 3,900円)
    2等=3,500円(学生 2,500円)
    座席表はこちら

    ※障害者の方は2割引です。また、車椅子用スペースがございます。詳細はチケットセンターまでお問い合わせください。
    ※出演者などの変更の場合はご了承ください。
    お問い合わせ
    (チケット購入等)
    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
    0570-07-9900
    03-3230-3000[一部IP電話等]

    インターネット購入
    https://ticket.ntj.jac.go.jp/(パソコン・スマートフォン共通)
    アクセス・
    バリアフリー情報
    所在地・アクセス方法
    劇場バス:終演後に劇場正面入口(前庭)より劇場バスが運行します。詳細は上記、所在地・アクセス方法からご確認ください。
    バリアフリー情報

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 企画展示 国立劇場の養成事業「心と技を伝えた50年」