日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 夏休み文楽特別公演

schedule

夏休み文楽特別公演

  • 文楽劇場
  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2019年7月20日(土)~2019年8月5日(月)
    開演時間

    第1部 【親子劇場】 午前11時 (1時終演予定)
    第2部 【名作劇場】 午後2時 (5時40分終演予定)
    第3部 【サマーレイトショー】 午後6時30分 (8時5分終演予定)

    ※7月26日(金)、8月3日(土)の第1部は貸切です。あらかじめご了承ください。

    ジャンル文楽 
    演目・主な出演者

    国立文楽劇場開場三十五周年記念
    夏休み文楽特別公演


    第1部 【親子劇場】 午前11時開演
    日高川入相花王(ひだかがわいりあいざくら

     渡し場の段

    解説 文楽ってなあに?


    小佐田定雄=作
    鶴澤清介=作曲
    桐竹勘十郎=演出
    望月太明藏=作調

    かみなり太鼓(かみなりだいこ)


    第2部 【名作劇場】 午後2時開演
    通し狂言 仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)
                    (五段目より七段目まで)

     五段目 山崎街道出合いの段
           二つ玉の段
     六段目 身売りの段
               早野勘平腹切の段
     七段目 祇園一力茶屋の段 


     
    第3部 【サマーレイトショー】 午後6時30分開演
    国言詢音頭(くにことばくどきおんど)
     大川の段
     五人伐の段


     《字幕表示がございます》





    「ビックリマン×文楽 2019夏休みプロジェクト」のご案内
    「仮名手本忠臣蔵」に登場する文楽人形がビックリマンキャラクターに大変身!
    意外な組合せのコラボレーションカード第3弾を作成し、ビックリマンと文楽をPRいたします!
    詳細はこちらからご覧ください。



    Click here for information in English


    (2019/4/9 現在)

    前売開始日

    電話・インターネット予約開始:2019年6月3日(月)10:00~
    窓口販売開始:2019年6月4日(火)

    ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    ※10名様より団体観劇受付中です。お申込みは、こちらへお願いします。


    ◆◆◆親子劇場先行予約◆◆◆
    第1部【親子劇場】については、インターネットにて先行予約の受付がございます。
    ※親(保護者)と子供1組様以上より総計6枚までの受付です。

    受付開始:2019年6月2日(日)10:00~

    詳細は親子企画専用ホームページをご覧ください。
    https://ticket.ntj.jac.go.jp/oyako2019/index.html

    ※先行予約で売り切れた場合、一般販売はございませんのでご了承ください。

    等級別料金

    【第一部】(均一) 4,700円 (学生 2,400円 ・ 子供(18歳以下) 1,900円)
      座席表はこちら
    【第二部】1等 6,200円(学生4,300円)/ 2等 2,800円(学生2,800円)
      座席表はこちら
    【第三部】1等 4,000円(学生2,800円)/ 2等 2,800円(学生2,800円)
      座席表はこちら


    ※障害者の方は2割引です。
    ※車椅子用スペースがございます。ご予約時にお問い合わせください。


    幕見席については、こちらをご覧ください。

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター (午前10時~午後6時)
    TEL. 0570(07)9900
    TEL. 03(3230)3000
    〔一部IP電話等〕

    インターネット購入
     パソコン・スマートフォン共通 https://ticket.ntj.jac.go.jp/

    タイムテーブルタイムテーブルのご案内(103.33KB)
    配役配役(265.24KB)

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 常設展示「文楽入門~文楽へようこそ~」 企画コーナー(前期)「管原伝授手習鑑を知る」(後期)「忠臣蔵の魅力」
      • >国立文楽劇場開場三十五周年記念 通し狂言 仮名手本忠臣蔵