日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 企画展 小道具から見る能

国立能楽堂

資料展示室

国立能楽堂 資料展示室

入場無料

 9月30日をもって緊急事態宣言が解除されましたが、日本芸術文化振興会では引き続き国及び自治体の要請等を踏まえ、感染拡大予防対策を徹底して国立能楽堂の資料展示室を開室いたします。
 お客様におかれましても、マスクの着用、手指の消毒などの感染症対策にご協力をお願いいたします。
 多くのお客様のご観覧を心よりお待ち申し上げます。
 なお、感染拡大予防のため、ご利用を制限または休室する場合がございます。ホームページ等で最新の情報をご確認ください。 (2021.9.30現在)

                                                           

お客様へのお願い

  • 次に記載するお客様のご来館は、ご遠慮いただきますようお願いいたします。
     37.5度以上の発熱や咳、喉の痛みなどの症状があるお客様
     新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触があるお客様
     過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴があるお客様
  • 入館時に検温を行います。37.5度以上の発熱があるお客様の入場はご遠慮いただきます。
  • マスクを着用し、咳エチケットにご協力をお願いいたします。マスクを着用でないお客様の入館はご遠慮いたただきます。
  • 手洗いや手指消毒にご協力をお願いいたします。
  • 入館時に氏名・連絡先等のご記入をお願いいたします。当劇場で新型コロナウイルス感染症の発症の疑いが生じた場合のご連絡と、保健所などへの情報提供のみに使用し、目的外には使用いたしません。
  • お客様同士の距離をできるだけ1メートル取るように心がけ、会話を控えて静かにご観覧ください。
  • 展示物及び展示ケース、使用を中止している機器等には手を触れないでください。
  • なお、入館の際、感染拡大防止のため、健康状態のチェックにご協力をお願いします。
  • 「ヘルスチェックシート」はこちらPDFダウンロードです。
  • 上記各事項にご協力いただけない場合はご入場をお断りする場合があります。

 

施設側の予防対策

  • スタッフは毎日検温を実施し、健康状態を確認します。
  • お客様とスタッフの健康・安全を考慮し、スタッフはマスクや手袋を着用します。
  • 受付にはアクリル板若しくは透明ビニールシートを設置します。
  • 劇場出入口に消毒液を設置します。
  • 場内の清掃・消毒・換気を徹底します。
  • お客様同士の間隔があけられるよう入場者数を制限します。
  • 来場者・スタッフが発症した際は保健所と適切に連携して対応するとともに、必要に応じ、ホームページなどでお知らせします。
  • 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

  国立能楽堂事業推進課

休室日11月15・22・29日、12月6・13・20日
タイトル 企画展「小道具から見る能」
内容

小道具は、役の立場・身分を表すだけでなく、演出上で重要な意味を持つことも多くあります。各流による形状の違いもあり、また流儀特有のものもあります。小道具の実物や公演記録写真をはじめ、絵画資料や装束付等の文献もあわせて展示します。

期間

令和3年11月10日(水)~12月23日(木)

時間 午前11時~午後5時
入場制限 32名以内(※展示室内の混雑緩和のため)公演日の休憩時間につきましては展示室をご利用頂けません。開場~開演前にご観覧下さい。 お客様にはご不便をおかけいたしますが何卒ご理解ご協力下さいますようお願いいたします。

 

国立能楽堂主催による下記の夜公演をご鑑賞のお客様は、開場から開演前までの時間に展示をご覧頂くことができます。 11月19日・26日、12月17日