事業紹介
鴻池朋子《Dream Hunting Grounds》2018年、「鴻池朋子 ハンター・ギャザラー」展会場風景(秋田県立近代美術館、秋田市、2018年)©Tomoko Konoike

古典×現代2020―時空を超える日本のアート

美術、デザイン、建築の分野の第一線で活躍している現代作家の作品と、日本の古典美術の名品を組み合わせて展示する展覧会です。円空、若冲、蕭白、北斎、乾山といった江戸時代の巨匠たちの作品や、仏像、刀剣の名品とともに、川内倫子、鴻池朋子、しりあがり寿、菅木志雄、棚田康司、田根剛、皆川明、横尾忠則という、現代日本を代表する作家たちの創作をご紹介します。これにより、古今の創造的営みに潜む、造形的、精神的な類似や親和性を明らかにします。

事業名
古典×現代2020―時空を超える日本のアート
開催場所
国立新美術館
開催期間
2020年3月11日(水)~6月1日(月)
関連リンク先
https://www.nact.jp/