事業紹介
THE KUMIODORI 300 ―組踊展―

組踊上演300周年記念 特別展「THE KUMIODORI 300 ―組踊展― ~組踊の歴史と拡がり~」

南北約3,000キロにわたる日本列島は、温帯から亜熱帯の気候や多様な生態系を持ち、その地勢は各地域の文化に大きな影響を与えました。中でも140年前まで琉球王国であった沖縄県は、東南アジアや中国、当時の日本との交流によって影響を受け、独自の文化を発達させました。初上演から300年を迎える「組踊」は日本文化の影響を受けた一例です。その歴史的背景を往時の文化財等の展示品を通して普及啓発し、組踊のさらなる発展に寄与します。

事業名
組踊上演300周年記念 特別展「THE KUMIODORI 300 ―組踊展― ~組踊の歴史と拡がり~」
開催場所
首里城公園、沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)
開催期間
2019年7月5日(金)~11月14日(木)、2019年7月11日(木)~8月25日(日)
リンク先
https://okimu.jp/exhibition/1552803630/
関連イベント等
  • 【首里城公園】
    ・ギャラリートーク 2019年7月6日(土)・20日(土)、8月3日(土)・17日(土)・31日(土)
  • 【沖縄県立博物館・美術館】
    ・ギャラリートーク 2019年7月13日(土)・21日(日)・27日(土)、8月10日(土)・17日(土) ・「58組踊(ゴーパチクミオドリ)」 2019年7月12日(金) ・銘苅小学校児童による組踊「銘苅子」 2019年7月21日(日) ・中城南上原子ども組踊塾生による創作組踊「糸蒲の縁」 2019年8月10日(土) ・語り組踊「執心鐘入」 2019年8月16日(金) ・「組踊かるた」 2019年8月17日(土)