事業紹介
「長崎夜景」福王寺法林 ©Horin FUKUOJI JASPAR,TOKYO,2019

米沢市上杉博物館企画展「生誕100年日本画家 福王寺法林~自然へのまなざし~」

日本美術院同人、日本藝術院会員として活躍した福王寺法林(1920-2012)は、7歳の時不慮の事故で隻眼となっても画家になる夢をかなえました。そのハンデをまったく感じさせない不屈の精神が、厳しく清廉な自然と向き合ったとき神聖なまでの空気をまとった代表作「ヒマラヤ」シリーズが生み出されました。法林の創作の根源には故郷山形の森や植物、日本の山河への畏敬や感動がありヒマラヤに挑むことで、日本の自然への想いはさらに深まり、その作品は私たちに日本を再発見させてくれます。本展では、当館のコレクションを軸に国内にある代表作により、文化勲章受章者でもある福王寺法林の画家として、人間としての歩みに迫ります。

事業名
米沢市上杉博物館企画展「生誕100年日本画家 福王寺法林~自然へのまなざし~」
開催場所
伝国の杜 米沢市上杉博物館
開催期間
2019年6月15日(土)~8月4日(日)
休館日:6月26日(水)、7月24日(水)
リンク先
http://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp/111fukuoji100.htm
関連
イベント等

・ギャラリートーク(要企画展入館料)
2019年6月15日(土)10:30~、
6月16日(日)・7月14日(日)14:00~、
6月23日(日)・6月30日(日)・8月4日(日)11:00~
日本芸術員会員・日本美術院同人 福王寺一彦氏

・募集制ワークショップ
「ナイトツアーようこそ夜の博物館へ 福王寺法林~自然へのまなざしをかんじる」
2019年7月5日(金)19:00~20:30
対象:どなたでも(中学生以下は保護者同伴)
定員:20名