事業紹介
万葉集

令和元年度第2回企画展 雨に詠えば ―空模様の古典文学―

雨――それは季節や時間でさまざまに表情を変え、恵みをもたらすこともあれば、人々の生活を脅かすこともあります。古くから日本人はこの雨の変化に心を配り、時には和歌や物語に描くことで、さまざまな感情を託してきました。
本展では身近な気象現象である雨をテーマに、上代から近世までに成立したさまざまな古典文学をご紹介します。

事業名
令和元年度第2回企画展 雨に詠えば ―空模様の古典文学―
開催場所
国立公文書館 東京本館
開催期間
2019年7月27日(土)~9月8日(日)
関連
イベント等

ギャラリー・トーク
2019年7月31日(水)11:00~
2019年8月21日(水)14:00~
2019年9月4日(水) 11:00~