事業紹介
発掘された日本列島2019

発掘された日本列島2019

全国各地で行われている発掘調査成果を紹介する展覧会です。旧石器時代から近代に至る12遺跡からの出土品約480点を全国5会場で展示します。また、今年は史跡・名勝・天然記念物の保護制度が出来て100周年を迎えることから、それを記念した「記念物100年」展も併せて開催いたします。地中からよみがえった日本文化、そして守り伝えられてきた日本の歴史、自然、景観美が体感できます。多数の方のご来場をお待ちしております。

事業名
発掘された日本列島2019
開催場所・
開催期間
  • 東京都江戸東京都博物館
    2019年6月1日(土)~7月21日(日)
  • 花巻市博物館
    2019年8月2日(金)~9月10日(火)
  • 三内丸山遺跡センター
    2019年9月21日(土)~11月4日(月・休)
  • 名古屋市博物館
    2019年11月16日(土)~12月28日(土)
  • 大野城心のふるさと館
    2020年1月18日(土)~2月26日(水)
リンク先
http://www.bunka.go.jp/gyoji/1416731.html
関連イベント等
記念物100年事業キックオフイベント
【日時】2019年6月1日(土)10:30~11:30
【場所】東京都江戸東京博物館 5階常設展示室 中村座前
【出演者】
  • ・佐藤 信(東京大学名誉教授・人間文化研究機構理事・博士(文学))
  • ・葦木 ヒロカ(シンガー・アーティスト;長和町黒曜石のふるさと親善大使;茅野市縄文ふるさと大使)
  • ・宮田 亮平(文化庁長官・金工作家)

※3名による対談が中心。対談の前後に,史跡などをフィールドとして
活動を続ける葦木ヒロカさんによる歌唱があります。