事業紹介
県立美術館「田中一光 未来を照らすデザイン」展 民俗博物館「絵と道具でたどる昔の奈良の暮らし」展、「機(はた)」

古代から令和の時代までつながる文化を巡る奈良博覧プロジェクト

世界遺産平城宮跡を主会場とした「大立山まつり」(奈良時代の儀式の推定復元、県内各地の民俗文化や伝統行事の披露、地域の特色ある食の提供等を総合的にパッケージした文化の祭典)を中心に据えて、県立美術館、県立民俗博物館での企画展及び県指定文化財古民家の杉皮葺屋根の修復作業見学会等のイベントを結び、文化財はもちろん、伝統行事や食文化等も含めた奈良の自然や文化の魅力を多言語対応の印刷物や各種案内ツールを活用して国内外に発信し、良質な誘客・周遊を強力に推進する。

事業名
古代から令和の時代までつながる文化を巡る奈良博覧プロジェクト
開催場所
奈良市、大和郡山市
開催期間
2019年7月頃~2020年3月頃
リンク先
奈良県立美術館
奈良県立民俗博物館