事業紹介

新春浅草歌舞伎

若手歌舞伎俳優の登竜門、花形俳優が顔を揃え大役に取り組みます。歌舞伎に所縁のある浅草にて毎年お正月に公演し40年を迎えます。第1部(11時開演)は、舞踊『花の蘭平』、時代を越えた不朽の傑作『菅原伝授手習鑑 寺子屋』、ユーモラスな舞踊劇『茶壷』です。第2部(15時開演)は、義太夫狂言の名作『絵本太功記 尼ケ崎閑居の場』、『仮名手本忠臣蔵』全十一段のうちの七段目『祇園一力茶屋の場』です。フレッシュでエネルギッシュな舞台をご覧いただけます。

事業名
新春浅草歌舞伎
開催場所
浅草公会堂
開催期間
2020年1月2日(木)~1月26日(日)
リンク先
歌舞伎公式サイト「歌舞伎美人」
kabuki-bito.jp/theaters/other/
新春浅草歌舞伎公式サイト
www.asakusakabuki.com