事業紹介

ユネスコ無形文化遺産
特別展「体感!日本の伝統芸能―歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界―」

芸能は演じるそばから消えていき、形の残らないものです。しかし、日本の伝統芸能の美と「わざ」は人から人へと伝えられ、今なお人々を魅了しています。
本展は、ユネスコ無形文化遺産にも記載された、日本を代表する5つの伝統芸能―歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界を、まるごと体感していただける体験型展覧会です。展示室では各芸能の舞台を再現し、公演で使用する衣裳、楽器、小道具などを展示。国立劇場等の貴重な公演映像を上映し、展示室に再現した舞台の上でデモンストレーションやトーク等も定期的に行います。また、エントランスに広がる、国宝「花下遊楽図屛風」の高精細複製を中心とした幻想的な空間にもご注目ください。

事業名
ユネスコ無形文化遺産
特別展「体感!日本の伝統芸能―歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界―」
開催場所
東京国立博物館 表慶館
開催期間
2020年3月10日(火)~ 5月24日(日)
リンク先
https://tsumugu.yomiuri.co.jp/dentou2020/
関連イベント等
「日本博」2020オープニング・セレモニー 記念公演
『月雪花(つきゆきはな)にあそぶ-日本の音と声と舞-』