事業紹介

特別展 茶の湯の名碗「高麗茶碗」

茶の湯の茶碗は産地によって唐物、高麗物、和物と呼び分けられていますが、本展では多種多様な高麗茶碗の魅力を紹介します。高麗茶碗は16世紀中頃、侘茶に適った新規な茶碗として見出され、桃山時代から今日まで数多く伝えられてきました。日常の器として焼かれ、茶の湯の茶碗に見立てられた高麗茶碗には唐物や和物に見られない素朴さとのびやかさがそなわっており、一碗ごとの微妙な表情の変化を楽しんでいただけると思います。

事業名
特別展 茶の湯の名碗「高麗茶碗」
開催場所
三井記念美術館
開催期間
2019年9月14日(土)~12月1日(日)
リンク先
http://www.mitsui-museum.jp/index.html