事業紹介
能「石橋」 日本舞踊「季の葩三番叟」

ICOM京都大会2019における日本文化の発信
―開会式における無形文化財:能「石橋」の上演と閉会式における日本舞踊「季の葩三番叟」の上演―等

本年9月1日~7日にかけて、我が国で初めて開催されるICOM京都大会2019の開会式・閉会式において、日本人の自然観や信仰を表現した我が国の代表的な伝統芸能である「能」と「日本舞踊」を上演する。また、大会期間中である9月3日と4日に、それぞれ金剛能楽堂及び京都観世会館で日本の“四季”や“美”を意識しつつ、海外からの参加者向けに短く筋立てが明瞭で、初心者にも親しみやすい「能」「狂言」の演目を選定し、字幕付き(日英)で上演する。

事業名
ICOM京都大会2019における日本文化の発信
―開会式における無形文化財:能「石橋」の上演と閉会式における日本舞踊「季の葩三番叟」の上演―等
開催場所
国立京都国際会館、京都国立博物館、等
開催期間
2019年9月1日(日)~9月7日(土)
リンク先
https://icom-kyoto-2019.org/jp/index.html