事業紹介

日本橋でふれる江戸文化~江戸町火消 木遣り~

江戸時代に消防組織として編成されて江戸市中を火事から守り、現代までその培われた技や文化を受け継いでいる「江戸町火消」。今回、火消しの旗印として取り入れられ各組のシンボルでもある纏を用いた「纏振り」と、鳶職人の作業唄であった「木遣り」を、江戸消防記念会の有志のみなさんが披露します。各演目後には、ろ組の組頭・鹿島彰さんが演目を解説。「江戸の華」として讃えられた火消たちが受け継いできた伝統を、どうぞご堪能ください。

ご参加の応募受付はこちら
(応募フォームサイト)
https://www.nihonbashi-info.jp/nihonhaku/

  • ※定員に達し次第締め切りとさせていただきます。
  • ※イベント内容につきまして各店舗への直接のお問い合わせはご遠慮下さい。
  • ※詳細は上記応募フォームサイトをご覧下さい。
事業名
​日本橋でふれる江戸文化~江戸町火消 木遣り~
開催場所
東京都中央区日本橋
開催期間
2019年10月25日(金)18:00開場 18:30開演
参加費
無料 ※着席エリア要予約(立見の場合は不要)
座席数
70席
所要時間
80分
集合場所
日本橋滝の広場 ※雨天時、日本橋高島屋S.C.