事業紹介
①平城宮・京を北から望む ②平城宮東院の発掘調査風景

奈良文化財研究所 第11回東京講演会「奈良の都、平城宮の謎を探る」

奈良文化財研究所が60年にわたって継続して実施している平城宮跡の発掘調査について、最新の研究成果をわかりやすく紹介します。「平城宮の地はどうして選ばれたか?」、「平城宮のモデルは唐の都長安城か?」、「平城宮はどのように作られたのか?」、「平城宮の東院とはどういう施設か?」、「施釉瓦塼・陶器の出土は何を示すか?」、「平城宮で即位した天皇の大嘗宮は?」の6本の報告と、パネルディスカッションによって、日本古代律令国家の政治の中枢である平城宮の謎に迫ります。

事業名
奈良文化財研究所 第11回東京講演会「奈良の都、平城宮の謎を探る」
開催場所
有楽町朝日ホール
開催期間
2019年10月5日(土)
リンク先
https://www.nabunken.go.jp/