事業紹介
河井寬次郎「白地草花絵扁壺」1939 京都国立近代美術館蔵

「川勝コレクション 鐘溪窯 陶工・河井寬次郎」展

当館では,川勝堅一氏より近代日本を代表する陶工・河井寬次郎作品の寄贈を受け,所蔵しています。本展では,川勝コレクションの中から名品約250点を一堂に展示すると共に,河井と交遊関係のあった濱田庄司,バーナード・リーチ,富本憲吉らの作品を併せて紹介します。

事業名
「川勝コレクション 鐘溪窯 陶工・河井寬次郎」展
開催場所
京都国立近代美術館
開催期間
2019年4月26日(金)~6月2日(日)
リンク先
http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2019/431.html
関連
イベント等

・特別講演会「祖父・河井寬次郎と川勝堅一の絆」
日時:4月26日(金)午後2時~3時30分
講師:鷺珠江(河井寬次郎記念館学芸員)

・トークショー「河井寬次郎を語る」
日時:4月30日(火・休)午後2時~3時
出演:桂南光(落語家)
聞き手:大長智広(京都国立近代美術館研究員)

・記念講演会「河井と川勝―友情が生んだ珠玉のコレクション」
日時:5月6日(月・振休)午後2時~3時30分
講師:大長智広

・ギャラリートーク
日時:5月10日(金)、24日(金)各日午後6時~7時
講師:大長智広

※いずれも詳細は当館HPをご確認ください。