事業紹介
国宝 一遍聖絵 巻七(部分)円伊筆 東京国立博物館蔵(4月13日~5月12日展示)

特別展「時宗二祖上人七百年御遠忌記念 国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」

遊行や踊り念仏などで知られる時宗は、宗祖一遍上人(1239~89)によって開かれました。 この時宗を教団として整備し、大きく発展させたのが二祖の真教上人です。2019年に真教上人(1237~1319)の七百年遠忌を迎えるのを記念して、時宗の名宝が一堂に会する展覧会を開催します。一遍の生涯を描いた国宝「一遍聖絵」(清浄光寺(遊行寺)蔵)、歴代祖師の肖像彫刻や肖像画など、時宗の名宝の全貌をご堪能いただくまたとない機会となることでしょう。「一遍聖絵」12巻全巻が一挙公開されるのは、関西では17年ぶりとなります。

事業名
特別展「時宗二祖上人七百年御遠忌記念 国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」
開催場所
京都府京都市 京都国立博物館 平成知新館
開催期間
2019年4月13日(土)~6月9日(日)
リンク先
https://www.kyohaku.go.jp/jp/special/index.html