事業紹介
森口邦彦 友禅着物「雪明り」(部分)1969 京都国立近代美術館蔵

「京都の染織 1960年代から今日まで」展

京の染織家たちが生み出してきた新しい技術,意匠などは連綿と受け継がれ,技法や形態は変わろうと常に新しいものを追い求め,素晴らしい作品を創りだしてきました。本展は,当館が開館した1960年代から今日までの多様な「染」と「織」の状況を紹介する展覧会で,28人の作家によりその様相を見るものです。

事業名
「京都の染織 1960年代から今日まで」展
開催場所
京都国立近代美術館
開催期間
2019年3月8日(金)~4月14日(日)
リンク先
http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2018/430.html